スポンサーリンク

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 (2020年公開予定)

海辺の映画館 – キネマの玉手箱

(2020年公開予定)

スポンサーリンク

大林宣彦監督『海辺の映画館 – キネマの玉手箱』予告編





大林宣彦監督が地元・尾道をメインにロケを行った新作。日本の戦争映画特集を流すスクリーンの世界にタイムリープしてしまった3人の若者を描く。厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲(新人)、成海璃子、山崎紘菜、常盤貴子らに加え、小林稔侍、高橋幸宏、尾美としのり、武田鉄矢、南原清隆、片岡鶴太郎、柄本時生、稲垣吾郎、蛭子能収、浅野忠信、伊藤歩、中江有里、笹野高史、満島真之介、渡辺えり、窪塚俊介、長塚圭史など豪華キャストが勢ぞろいした。
2020年4月10日(金) TOHO シネマズシャンテほか全国公開
配給:アスミック・エース
©2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会 / PSC
公式サイト:https://umibenoeigakan.jp/

映画『海辺の映画館 – キネマの玉手箱』本編映像





尾道三部作などで知られる大林宣彦監督作。戦争の歴史を、さまざまな映画表現で描く。大林監督作『その日のまえに』に出演した厚木拓郎、『ボクの、おじさん THE CROSSING』などの細山田隆人のほか、細田善彦、成海璃子、常盤貴子、小林稔侍、南原清隆、片岡鶴太郎、柄本時生、稲垣吾郎、浅野忠信らが共演している。
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T002…
配給: アスミック・エース
公式サイト:http://umibenoeigakan.jp
(C) 2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC
劇場公開:2020年4月10日

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 イントロダクション

映画は未来を変えられる──!!大林宣彦監督が新しい世代へ託すメッセージ。
エネルギッシュなパワーが爆発する、誰も体験したことがないエンタテインメントが誕生!
20年振りに故郷「尾道」で撮影!大林宣彦監督が圧倒的な映像世界で贈る最新作!
大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきた。尾道にある海辺の映画館を舞台にした最新作は、まさに“キネマの玉手箱”!
物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していく――メインキャストとして、銀幕の世界へタイムリープする3人の若い男を、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦が演じ、3人の男たちそれぞれの運命のヒロインを本作が映画初出演となる吉田玲、大林組初参加の成海璃子、前作に続く出演となる山崎紘菜が演じている。
また、本作の物語の核となる移動劇団「桜隊」の看板女優を、近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。生のエネルギーにあふれた、誰も体験したことがないエンタテインメントが、幕を開ける!
“情熱”と“想い”を伝えるため集まった豪華キャスト陣!
豪華出演者の奇跡のコラボレーションにも注目!メインキャストのほか、小林稔侍、高橋幸宏、白石加代子、尾美としのり、武田鉄矢、南原清隆、片岡鶴太郎、柄本時生、村田雄浩、稲垣吾郎、蛭子能収、浅野忠信、伊藤歩、品川徹、入江若葉、渡辺裕之、手塚眞、犬童一心、根岸季衣、中江有里、笹野高史、本郷壮二郎、川上麻衣子、満島真之介、大森嘉之、渡辺えり、窪塚俊介、長塚圭史、寺島咲、犬塚弘など、大林組常連から、初出演のキャストまで、大林監督の“映画への情熱“と“平和への想い”を受け止め、さまざまな分野からキャストとして参加。 さらに、本作のポスタービジュアルは、日本を代表するアートディレクターの森本千絵が手がけている。
*キャスト表記は、登場順

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 あらすじ

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が、閉館を迎えた。
嵐の夜となった最終日のプログラムは、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト上映。
上映がはじまると、映画を観ていた青年の毬男(厚木)、鳳介(細山田)、茂(細田)は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。

江戸時代から、乱世の幕末、戊辰戦争、日中戦争、太平洋戦争の沖縄……3人は、次第に自分たちが上映中の「戦争映画」の世界を旅していることに気づく。そして戦争の歴史の変遷に伴って、映画の技術もまた白黒サイレント、トーキーから総天然色へと進化し移り変わる。

3人は、映画の中で出会った、希子(吉田)、一美(成海)、和子(山崎)ら無垢なヒロインたちが、戦争の犠牲となっていく姿を目の当たりにしていく。
3人にとって映画は「虚構(嘘)の世界」だが、彼女たちにとっては「現実(真)の世界」。
彼らにも「戦争」が、リアルなものとして迫ってくる。

そして、舞台は原爆投下前夜の広島へ――。
そこで出会ったのは看板女優の園井惠子(常盤)が率いる移動劇団「桜隊」だった。
3人の青年は、「桜隊」を救うため運命を変えようと奔走するのだが……!?

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 大林宣彦監督

大林宣彦監督 プロフィール

1938年広島県尾道市生まれ。
3歳の時に自宅の納戸で見付けた活動写真機と戯れるうちに映画を造り始める。
自主製作映画『EMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』(67・16㎜)は全国の画廊や大学で上映され高評価を得る。『喰べた人』(63)はベルギー国際実験映画祭審査員特別賞を受賞。テレビCM草創期にはチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用。CM作品数は3000本を超える。1977年『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出。自身の古里・尾道を舞台にした『転校生』(82)『時をかける少女』(83)『さびしんぼう』(85)は“尾道三部作”と称され世代を超え親しまれている。『異人たちとの夏』(88)で毎日映画コンクール監督賞、『北京的西瓜』(89)山路ふみ子監督賞、『青春デンデケデケデケ』(92)平成4年度文化庁優秀映画作品賞、『SADA』(98)でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、『理由』(04)は日本映画批評家大賞・監督賞、藤本賞奨励賞を受賞。『この空の花-長岡花火物語』(11)、『野のなななのか』(14)、『花筐/HANAGATAMI』(17)は“大林的戦争三部作”となる。
『花筐/HANAGATAMI』は、第72回毎日映画コンクール日本映画大賞、第33回高崎映画祭特別大賞など様々な賞を受賞し、第91回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テン第2位に選ばれ、監督賞を受賞を受賞した。2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。2019年、文化功労者に選ばれる。

コメント

「自由に生きよ、それが平和の証だ」と父に言われ、当て所も無く18歳で上京した僕に、形見代りに持たせてくれた8ミリ映画を用い、銀座の画廊の一角で自作の8ミリ映画を上映した所、「新しきフィルム・アーチスト誕生」と世界から認定され、以降60年間テレビCM演出を資金に個人映画を創り続けて来ました。東宝映画からの招きで、門外漢が初めてメジャーの撮影所内で撮った『HOUSE/ハウス』から、ジャンルを選択すれば如何なる純文学も商業映画になり得ると学び、あの太平洋戦争の純真な軍国少年であった体験を元に、様々なジャンルの映画にその思いを潜めつつ「厭戦映画」を作り続けて来ました。
「売れない作家の女房になる覚悟」で61年間、僕の映画を支え「私が最初の観客よ」と世界と僕の映画を結びながら共に生きて来た大林恭子と、11歳で『HOUSE/ハウス』の原案者に名を連ねた長女千茱萸、ご亭主の絵の作家森泉岳土、そして親しい旧・新の世代の仲間たちと、今日も映画作りに励んでおります。時代はいつか、個人映画ばかりになり、僕が願った映画作りの世になりました。その個人の自由と権力者の不自由の証を、愉しんで下されば、と。僕の正体が炙り出されれば、愉しいかな。

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 キャスト

厚木拓郎

細山田隆人

細田善彦

吉田玲(新人)

成海璃子

山崎紘菜

常盤貴子

高橋幸宏

小林稔侍

中野ブラザーズ

中野章三

ヤニック

武田鉄矢

村田雄浩

稲垣吾郎

浅野忠信

渡辺裕之

片岡鶴太郎

南原清隆

品川徹

入江若葉

伊藤歩

寺島咲

尾美としのり

柄本時生

蛭子能収

根岸季衣

渡辺えり

長塚圭史

本郷壮二郎

川上麻衣子

大森嘉之

満島真之介

窪塚俊介

中江有里

白石佳代子

笹野高史

犬塚弘

この方も

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 マフィア梶田

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 スタッフ

製作:『海辺の映画館-キネマの玉手箱』製作委員会(吉本興業/TANAKA/バップ/アミューズメントメディア総合学院)
製作協力:大林恭子
エグゼクティブ・プロデューサー:奥山和由
プロデューサー:中村直史/小笠原宏之/門田大地
企画プロデューサー:鍋島壽夫
脚本・編集:大林宣彦
脚本:内藤忠司/小中和哉
脚本協力:渡辺謙作/小林竜雄
監督補佐/撮影台本協力:桑原昌英
音楽:山下康介
撮影監督・編集・合成:三本木久城
VFX:塚元陽大
美術監督:竹内公一
照明:西表燈光
録音:内田誠
整音:山本逸美
音響効果:佐々木英世/伊藤進一
装飾:相田敏春
小道具:中村聡宏
ヘアー・メイクアップ:和栗千江子
衣裳:千代田圭介/濱中美衣
制作担当:富岡忠文/桜井勉
配給:アスミック・エース
宣伝協力:ガイエ/ドロップ
製作プロダクション:PSC

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 ツィッター @umibenoeigakan

あわせて読みたい

フィルムメーカーズ20 大林宣彦 - 樋口尚文 責任編集/宮帯出版社
書影: フィルムメーカーズ20 大林宣彦書誌: フィルムメーカーズ20 大林宣彦タイトル大林宣彦著者樋口尚文 責任編集著者標目樋口, 尚文, 1962-シリーズ名フィルムメーカーズ ; 20. 期待の映像作...
キネマの玉手箱 - 大林宣彦 著/ユニコ舎
書影: キネマの玉手箱書誌: キネマの玉手箱著者 大林宣彦出版年月日 2020/4/25ISBN 978-4-9911368-0-1仕様 四六判・ソフトカバー頁数 206頁(...

関連リンク

【出典】

  • 海辺の映画館-キネマの玉手箱 公式サイト https://umibenoeigakan.jp
  • Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/海辺の映画館―キネマの玉手箱
映画
スポンサーリンク
OBsをフォローする
スポンサーリンク
大林宣彦アーカイブ

コメント

  1. […] […]

  2. […] 海辺の映画館 – キネマの玉手箱 (2020年公開予定)海辺の映画館 – キネマの玉… […]

タイトルとURLをコピーしました