スポンサーリンク

ぼくのアメリカン・ムービー

スポンサーリンク

書影: ぼくのアメリカン・ムービー

書誌: ぼくのアメリカン・ムービー

タイトル ぼくのアメリカン・ムービー
著者 大林宣彦 著
出版地 東京
出版社 奇想天外社
出版年月日等 1980.10
大きさ、容量等 325p ; 22cm
価格 1900(税込)
TRCMARC番号 80-17672
出版年(W3CDTF) 1980

目次: ぼくのアメリカン・ムービー

  • 男のなかの男スーパーマンが帰ってくる-いま、映画が自立するとき
  • 肯定の彼方へ飛べ “みんな、すたーになろう“-ひとつの役割を持って、ひとつの時代に参加すること
  • 作家論としての<未知との遭遇>論
  • 金太郎飴の唄-私的CM論
  • ハリウッドの玉手箱-スターCM裏話
    • ①不思議の国のジョン・ウェイン
    • ②アラン・ラッドに乗るアラン・ラッド
    • ③ダニューブに恋した、イタ公の伊太郎
    • ④俺が太るか、お前が痩せるか
    • ⑤乗っては馬に従え
    • ⑥鏡獅子にウインクを
    • ⑦イタリア式ハリウッド映画ごっこ
    • ⑧らしく、こそあれ
    • ⑨抜く手も見せず、ベソをかき
    • ⑩スクリーンの“影武者”たち
    • ⑪ブロンソンの休憩
    • ⑫スター夢見るリンゴ・スター
  • 我が青春のジョン・ウェイン-ジョン・ウェインをめぐる、私説“戦後アメリカ映画史”
    • 第1章 背景としての序説“いま、なぜジョン・ウェインか”。あるいは、ジョン・ウェインの、一本の映画
    • 第2章 ゲーリー・クーパーとジョン・ウェイン ・その出会いと別れ。あるいは、戦後アメリカ映画の、要覧の日日
    • 第3章 センチメンタル・ジョン・ウェイン。あるいは、ジョン・ウェインの恋。そして男の出発・私服のときとの訣別。
    • 第4章 アメリカの夢、映画の夢。あるいは、伝説の中のジョン・ウェイン・もうひとつの、ジョン・ウェインの、一本の映画
  • エッセイ
    • やがてかなしいドラキュラ-遥かなる青春映画へのあこがれ。その1
    • 再説・いつか見たドラキュラ-遥かなる青春映画へのあこがれ。その2
    • 絵に描かれた映画-手塚漫画について語る
    • 手塚漫画の心を映画化する-《ブラック・ジャック》映画化にあたって
    • 活動写真館のピアノ弾き
    • のって、ハッピーにー陽気な映画談義
    • ザッツ・エンターテインメント・コスチューム
    • いつも多感期
    • 結婚20年たったひとつの尊い借りもの-妻への感謝状
    • 後ろ向きのフェザー-エピソオド。その1
    • ユー・アー・マイ・サンシャイン-エピソオド。その2
  • 開設対談
    • 自分のてのひらの中の小さな8ミリ 高林陽一 大林宣彦
    • 大林宣彦は大林宣彦である 石上三登志
  • イン・ザ・キャン! ーあとがき代わりの、断章
  • 映画題名索引


ぼくのアメリカン・ムービー 大林宣彦  (1980年) 奇想天外社[古書] [単行本] by 大林宣彦 | 大林宣彦 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大林宣彦のぼくのアメリカン・ムービー 大林宣彦  (1980年) 奇想天外社 by 大林宣彦。アマゾンならポイント還元本が多数。大林宣彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またぼくのアメリカン・ムービー 大林宣彦  (1980年) 奇想天外社 by 大林宣彦もアマゾン配送商品なら通常配送無料...
著書
スポンサーリンク
OBsをフォローする
スポンサーリンク
大林宣彦アーカイブ – 非公式ファンサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました