スポンサーリンク
CM

てのひらの中で、乾杯! キリンビールのできるまで|京都国際映画祭2020

てのひらの中で、乾杯! キリンビールのできるまで 作品解説 1970年当時、キリンビールの工場を訪れた見学者に向けてのみ上映されていたという、たいへん珍しい企業PR映画。 前半はビールについての格言や、OPEN仕立ての横浜...
作品

四月の魚 Poisson D’avril|京都国際映画祭2020

四月の魚 Poisson D'avril 作品解説 ポワソン・ダブリル——フランス語で「エイプリル・フール」を意味する言葉。この日に魚の形をしたチョコレートにメッセージをつけて愛する人に贈るとステキな恋が実るというがーー!?...
作品

この空の花ー長岡花火物語|京都国際映画祭2020

この空の花ー長岡花火物語 作品解説 3月11日を経た2011年夏。 熊本県天草の新聞記者・遠藤玲子(松雪泰子)は、導かれるように新潟県長岡市を訪れた。 理由は、東日本大震災の被災者をいち早く受け入れた長岡を記者の目で見詰...
作品

マヌケ先生|京都国際映画祭2020

マヌケ先生 作品解説 映画監督・馬場鞠男(三浦友和)は、故郷尾道へ向かう汽車で山高帽と八の字髭の不思議な紳士(谷啓)に出会い、幼い頃の記憶を辿り始めるーー。 鯉の刺青の男と一緒にいた美少女・千代子姉ちゃん(有坂来瞳)のこと...
ミュージックビデオ

四月の魚 Poisson D’avril / music video [ア・フラグメント/高橋幸宏]|京都国際映画祭2020

四月の魚 Poisson D'avril / music video 作品解説 1984年~1985年に制作された高橋幸宏の5本のミュージック・ビデオ集。 曲間には大林宣彦の遊び心溢れた演出により、テラスでくつろいだり、...
CM

大林宣彦「テレビコマーシャル」傑作選 | 京都国際映画祭2020

大林宣彦「テレビコマーシャル」傑作選 作品解説 映画作家と並行し、その生涯において約2,000本のテレビコマーシャルを演出するという偉業を成し遂げた大林宣彦。個人映画時代から発揮されたその映画的才能は、広告代理店の草...
YouTube

【大林宣彦の玉手箱ーワンダーランドな空想映画館ー】スペシャル企画 常盤貴子×大林恭子×大林千茱萸 鼎談

【大林宣彦の玉手箱ーワンダーランドな空想映画館ー】スペシャル企画 常盤貴子×大林恭子×大林千茱萸 鼎談 © 京都国際映画祭 作品解説 特別企画「大林宣彦の玉手箱―ワンダーランドな空想映画館―」の作品解説とその制作秘話を、大林作...
ミュージックビデオ

嘘つき。THE MOVIE|京都国際映画祭2020

嘘つき。THE MOVIE 作品解説 2004年~2006年まで活動していた古谷智志と繁本穣のユニット、CANCION(カンシオン)。彼らのセカンドシングル「嘘つき」のプロモーションビデオを、大林宣彦自らが脚本を書き下ろし、...
作品

野のなななのか|京都国際映画祭2020

野のなななのか 作品解説 かつて炭鉱の町として栄えていた北の古里、北海道・芦別市。 晴れた夜には満天の星が広がる、この美しい大地で物語は繰り広げられる―。 この町に生まれ、長く開業医として努めてきた鈴木光男(品川徹)は、...
作品

ÉMOTION 伝説の午後=いつか見たドラキュラ|京都国際映画祭2020

ÉMOTION 伝説の午後=いつか見たドラキュラ 作品解説 1960年代、大林がテレビコマーシャルを演出するその傍ら1年をかけて作り上げた、16㎜フィルムによる自主映画。 全編にわたり大林が敬愛する西部劇や吸血鬼映画へのオ...
メイキング

「野のなななのか」京都国際映画祭2020メイキング特別版|京都国際映画祭2020

「野のなななのか」京都国際映画祭2020メイキング特別版 作品解説 【京都国際映画祭2020】開催期間“限定公開”用として新たに作られた、本邦初公開となる『野のなななのか』のメイキング。 撮影は大林監督の娘・千茱萸(ちぐみ...
イベント

大林宣彦の玉手箱―ワンダーランドな空想映画館―|京都国際映画祭2020

大林宣彦の玉手箱―ワンダーランドな空想映画館―|京都国際映画祭2020 大林宣彦「テレビコマーシャル」傑作選 ÉMOTION 伝説の午後=いつか見たドラキュラ 海外特派員 ある映像作家の場合 四月の魚 Poi...
ミュージックビデオ

香織の、――わたしものがたり。|京都国際映画祭2020

香織の、――わたしものがたり。 作品解説 撮影当時50歳の大林宣彦が、14歳の坂上香織と出逢うことで生まれた「こっそり、しまっておきたくなる」物語。これまでの大林映画の、いつかどこかで観た尾道を舞台に、「僕・影・私」と3キャ...
YouTube

Message from Kyoko Obayashi – JFFLA2020 BEST PICTURE AWARD: “LABYRINTH OF CINEMA”

著書

A MOVIE 大林宣彦、全自作を語る – 立東舎

書影: A MOVIE 大林宣彦、全自作を語る 書誌: A MOVIE 大林宣彦、全自作を語る 著 大林 宣彦定価 定価:本体3,200円+税仕様 A5判 / 760ページ発売日 2020.10.22ISBN 9784...
雑誌

ユリイカ 2020年9月臨時増刊号 総特集◎大林宣彦 -1938-2020 –

定価本体1800円+税 発売日2020年8月26日 ISBN978-4-7917-0389-0 追悼・大林宣彦——『海辺の映画館 キネマの玉手箱』 7月31日公開 個人映画の先駆者として、CMディレクターとして、アイドル映画...
著書

ぼくの映画人生 (実業之日本社文庫)

A6(文庫)判352ページ 2020年07月17日発売 本体価格 950円+税 ISBN 978-4-408-55603-1 生い立ちから映画論まで、縦横に語った決定版! 映画とともに生き、道なき道を切り拓いてきた著者・大...
YouTube

Nobuhiko Obayashi: A Conversation – JAPAN CUTS 2020

YouTube

ノンフィクションW 大林宣彦&恭子の成城物語 [完全版] ~夫婦で歩んだ60年の映画作り~

ノンフィクションW 大林宣彦&恭子の成城物語 ~夫婦で歩んだ60年の映画作り~ YouTubeムービー|レンタル
YouTube

Seijo Story – 60 Years of Making Films – JAPAN CUTS 2020

Seijo Story - 60 Years of Making Films Nobuhiko Obayashi and Kyoko Hanyu met in 1959 as students at Seijo Unive...
オンライン

海辺の映画館 – キネマの玉手箱 公開日決定! 2020年7月31日(金)

公開日決定のニュース 2020/06/04 08:00 up! 新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、公開を延期しておりました大林宣彦監督の最新作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の新たな公開日が、7月31日(金)に決定! 奇し...
雑誌

キネマ旬報 2020年6月上旬号 No.1839

あわせて読みたい
未分類

コメント色紙 – 日本インターネット映画大賞

この投稿をInstagramで見る 2012年度日本インターネット映画大賞日本映画部門思い入れ作品賞受...
YouTube

『大林宣彦監督追悼 無料配信トーク2020.5.5』アーカイブ動画 by 今関あきよしチャンネル

4月10日に肺がんのため82歳で死去した映像作家大林宣彦。 『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』尾道三部作に代表されるような青春映画から、『異人たちの夏』や『その日のまえに』等、家族愛を描いた人間ドラマ、デビュー作『HOUSE...
雑誌

映画秘宝 2020年7月号

映画

つばき、時跳び

つばき、時跳び (2020年) 企画 行定勲監督のツィッターアカウント
著書

キネマの玉手箱 – 大林宣彦 著/ユニコ舎

書影: キネマの玉手箱 書誌: キネマの玉手箱 著者 大林宣彦 出版年月日 2020/4/25 ISBN 978-4-9911368-0-1 仕様 四六判・ソフトカバー 頁数 206頁(...
オンライン

大林宣彦と妻・恭子の出会い「生き残ったもの同士、可能性をこの人に賭けてみよう」| 婦人公論.jp

大林宣彦と妻・恭子の出会い「生き残ったもの同士、可能性をこの人に賭けてみよう」 余命3ヵ月からの映画撮影 大林宣彦 映画監督 ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 【出...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました