スポンサーリンク

「カルピス」の忘れられないいい話

スポンサーリンク

書籍概要

目次

「カルピス」の忘れられないいい話(もくじ)
選考を終えて
山田太一 人生の節目で重要な役割を果たすカルピス 4
大林宣彦 カルピスは、良い子のご褒美だった。 6
内館牧子 カルピスの濃さ、薄さだけでエッセイが書ける 8

命びろいのカルピス
二本のカルピス 宗 丈生(福岡県福岡市・七十九歳) 20
あの日 早川圭子(千葉県浦安市・五十四歳) 24
臨死体験とカルピス 高橋とし子(東京都目黒区・八十七歳) 28
我が人生とカルピス 和田謙一(東京都豊島区・七十六歳)31
思いやりの味 吉田純子(埼玉県行田市・三十二歳) 35
の命びろいのカルピス 塚田好智(鹿児島県牧園町・六十九歳)39
三池でのカルピス 束野虎重郎(鹿児島県川内市・七十二歳) 43

あなたと私の不思議な縁
妻は詩人でした 徳永一末(福岡県福岡市・八十三歳)48
カルピスが結んでくれた縁 根本富貴子(茨城県江戸崎町・七十二歳)52
カルピスで乾杯! 中谷洋子(神奈川県川崎市・三十四歳)55
久ちゃんのカルピス 福島末男(大阪府堺市・七十二歳) 59
おばあちゃんの水カルピス 板谷ちや子(岡山県倉敷市・三十一歳)63
カフェ 岡田京子(神奈川県鎌倉市・五十八歳) 67
焼跡でのプレゼントはカルピス 川合照子(静岡県静岡市・六十八歳) 71
年上の妻 有泉文夫(山梨県増穂町・六十六歳) 75
懐かしいカルピスの思い出 青笹俊枝(広島県広島市・七十二歳) 79

忘れ得ぬ師、かけがえのない友
ゴリ松のカルピス 小阪聡子(兵庫県西宮市・三十二歳) 84
十五年後のカルピス 松永泰治(北海道札幌市・三十一歳) 88
届いた招待状 大村純子(神奈川県川崎市・三十二歳) 90
「ニッ」と笑った藤原優子(岡山県井原市・二十八歳)93
雪国の子どもたち 井土貞子(神奈川県小田原市・六十八歳)97
周平君のカルピス 田 直喜(大阪府大阪市・四十九歳) 101
カルピスで乾杯中西泰正(和歌山県貴志川町・七十二歳) 106

終戦の頃 石井正之(東京都板橋区・七十1歳) 110
テル小母さんとアカンベェー 三宅新作(神奈川県大和市・六十歳) 114

言い尽くせない父母への想い
哀感慨側―カルピスをめぐる少年時の思い出 渡邊武任(宮城県川崎町・七十四歳) 120
ビンの底のカルピス 西園正義(鹿児島県加世田市・八十二歳) 125
私のカルピスの思い出 湯上秀男(大阪府大阪市・二十九歳) 129
父と私の秘密 石塚千秋(埼玉県越谷市・二十三歳) 133
父がつくってくれたカルピス 雨宮一誠子(千葉県千葉市・四十三歳)136
親父の入学祝い 田中春次(東京都練馬区・四十九歳) 139
てんのあな 永井久雄(京都府京都市・四十六歳) 142
母の味柳澤幸恵(東京都荒川区・五十四歳) 146
父とカルピス 徳永武久(熊本県熊本市・七十三歳) 150
今を生きる母 高畑富美子(埼玉県春日部市・五十四歳) 154
「こんばんは」にする? 中田健志郎 (広島県坂町・四十七歳) 158

心をつなぐカルピス
あっちゃんがくれたカルピス 斉藤恵子(東京都世田谷区・三十六歳) 162
初めてカルピスを飲んだ日 大和史郎(北海道札幌市・七十二歳) 166
高田城址の春 河端泰子(千葉県市川市・七十歳) 170
水っぽかったカルピス 中村新二郎(神奈川県座間市・六十七歳) 174
君が代とカルピス 関根龍太郎 (千葉県習志野市・十七歳) 178
仏前に供えたカルピス 斎藤善之(埼玉県上尾市・六十歳) 181
若いゲリラ兵士の思い出 打村クリスティナ(東京都港区・四十六歳) 185
心暖まる一杯のカルピス 竹村陽子(大阪府東大阪市・三十一歳) 190
桂離宮とカルピス 炭田雄次郎(大阪府高槻市・六十二歳) 194
バスに乗った自転車 江面真智子(東京都北区・二十七歳) 197

愛する家族
カルピスと兵隊 原 欣一(神奈川県横浜市・七十二歳) 202
私と娘の恋 大石 忠(神奈川県逗子市・六十二歳) 205
母子カルピス ふたりしずか(兵庫県神戸市・五十七歳) 208
立ち直った娘とカルピス 藤田倫夫(三重県東員町・六十二歳) 212
完走、やったぜ 北島照明(熊本県松橋町・五十二歳) 216
ぼくのたからもの 高井俊宏(栃木県小山市・七歳) 220
白い夏の想い出 小松一博(群馬県前橋市・四十二歳) 223
メキシコの人情、テキーラカルピス 陽子アルバレス(アメリカ・ニューヨーク市・三十三歳) 235
はじめてカルピスを飲んだ日 中村通孝(静岡県豊田町・六十歳) 231
母が奮発した日 太田美智子(岡山県岡山市・三十七歳) 235
笑った”グレ” 川瀬喜文(東京都江戸川区・四十八歳) 238

あっぱれ! 兄弟姉妹
生きる勇気の濃縮飲料 細谷千鶴子(神奈川県横浜市・三十五歳) 242
田舎猿 内山睦子(山梨県上九一色村・五十三歳) 246
ダルマとカルピス 阿部良幸(鹿児島県伊集院町・五十三歳) 250
ねえちゃんのプレゼント 三好みち子(香川県高松市・四十七歳) 253
お兄ちゃんが一番 梶 孝子(大阪府交野市・三十四歳) 256
苦いカルピス 桂 幸子(大阪府堺市・五十歳) 259
真夏の訪問者 阿部広海(静岡県大井川町・四十二歳) 263
誕生祝いのお手伝い券 森下潤一(大阪府大阪市・二十四歳) 266
野犬と妹 西田由香里(北海道室蘭市・三十歳) 270

懐かしい祖父母の笑顔
懐かしい爺の味 對馬範明(千葉県印西市・三十七歳) 276
おばあちゃんとカルピス 澤田ちか(岐阜県柳津町・三十二歳) 280
おばあちゃんのカルピス 三浦美咲(千葉県白井町・三十歳) 285
祖母のもてなし 芹田昌子(鳥取県境港市・四十四歳) 289
おじいちゃん、私も好きだよ、カルピス 橘川春奈(千葉県松戸市・十四歳) 292
おばあちゃん……帰ってきたで 森田まゆみ(東京都世田谷区・三十四歳) 295

「カルピス」の想い出募集入賞作品一覧 300
あとがき―四千九百四十の人生ドラマ 302


ぼくのアメリカン・ムービー 大林宣彦  (1980年) 奇想天外社[古書] [単行本] by 大林宣彦 | 大林宣彦 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大林宣彦のぼくのアメリカン・ムービー 大林宣彦  (1980年) 奇想天外社 by 大林宣彦。アマゾンならポイント還元本が多数。大林宣彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またぼくのアメリカン・ムービー 大林宣彦  (1980年) 奇想天外社 by 大林宣彦もアマゾン配送商品なら通常配送無料...
著書
スポンサーリンク
OBsをフォローする
スポンサーリンク
大林宣彦アーカイブ – 非公式ファンサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました