スポンサーリンク

HOUSE ハウス

スポンサーリンク

HOUSE ハウス – 大林宣彦監督作品 1977年

作品データ

HOUSE ハウス

製作:東宝映像 製作協力:PSC
配給:東宝
1977年7月30日公開(千代田劇場〈邦画系》 /同時上映「泥だらけの純情」)
1時間28分/スタンダード/35 ミリ

【スタッフ】
監督:大林宣彦
製作:大林宣彦、山田順彦
原案:大林千茱萸
脚本:桂千穂
撮影:阪本善尚
美術:薩谷和夫
音響デザイン:林昌平
録音:伴利也
照明:小島真二
編集:小川信夫
音楽:小林亜星、ミッキー吉野
音楽演奏:ゴダイゴ
ピクトリアル・デザイン:島村達雄
ファッション・コーディネーター:吉田叡子
助監督:小栗康平
制作担当:広川恭

【出演】
池上季実子(オシャレ)
大場久美子(ファンタ)
松原愛(ガリ)
神保美喜(クンフー)
佐藤美恵子(マック)
宮子昌代(スウィート)
田中エリ子(メロディー)
南田洋子(オシャレの伯母)
尾崎紀世彦(東郷圭介先生)
笹沢左保(オシャレの父)
池上季実子(オシャレの母)*写真のみ
小林亜星(西瓜を売る農夫)
石上三登志(写真屋さん)
鰐淵晴子(江馬涼子)
原一平(寅さんに似た男)
広瀬正一(ラーメン屋の客)
大西康雅(村の老人)
津路清子(オシャレの祖母)
三浦友和(オシャレの伯母のフィアンセ)
檀ふみ(女教師)
ゴダイゴ(東京駅の若者)
薩谷和夫(靴屋のおじさん)
大林千茱萸(靴屋の女の子)
大林宣彦(ホームで別れる恋人)
大林恭子(ホームで別れる恋人)
桂千穂(電車の乗客)

大林宣彦メモリーズ』より

■『HOUSE/ハウス』
1977年7月30日公開/35ミリ/88分/配給 : 東宝
製作:大林宣彦、山田順彦/原案 : 大林千茱萸/原作 : 桂千穂、大林宣彦、小寺朝/脚本 : 桂千穂 /撮影 : 阪本善尚(J.S.C.) / 美術 : 薩谷和夫/録音 : 伴利也/照明 : 小島真二/音楽 : 小林亜星(アストロミュージック)、ミッキー吉野 (ゴダイゴ)/主題曲「ハウスのふたり – ハウス・愛のテーマ -」作詞 : 橋本淳、作曲 : 小林亜星、編曲 :ミッキー吉野、唄 : 成田賢/演奏 : ゴダイゴ/サウンドトラック盤 :コロムビアレコード/ 演出助手 : 小栗康平、小倉洋二、小林俊夫、浅田英一/撮影助手 : 山岸一、山本武、江口憲一、池田雅行、近藤明、山口季幸、本田茂/照明助手 : 三上鴻平、広沢賢治、川越和見、白川弘、天野克明、保沢昌治、三浦勇次郎、中尾幸男/照明準 備:棚綱垣夫/録音助手 : 若林泰雄、宮内一男、 緒方光寛/美術助手 : 酒井賢、小方一男、桜井董 博/大道具 : 相沢政二、竹中儀雄、鈴木栄二、宮本源蔵、水野明、三ッ石仙太郎、中村五郎、今関勇、城田安治/小道具 : 杉本茂、山本初美、佐々木大三郎/電飾 : 田村正弘/衣裳 : 館岡恵子/メイク : 上田幸夫/結髪 : 浅見知子/スチール : 中尾孝/記録 : 加藤八千代/演技担当 : 栗田実、中川原哲治/宣伝係 : 富山省吾/合成 : 松田博、真野田嘉一/光学合成 : 宮西武史/作画 : 石井義雄、 塚田猛昭、笹沼壮平/編集 : 小川信夫/編集助手 : 田村嘉男、中島常人、大坪隆介/ネガ編集 : 上池康夫、東島佐枝/効果 : 東宝効果集団/整 音 : 東宝録音センター/現像 :東洋現像所(新井靖久、大橋静男、須田規夫、松野高志、金子昌司、 鈴木美康)/製作担当者 : 広川恭/パナヴィジョ ン/イメージ原画構成 : 大林宣彦、デザイン : 島 村辰雄/ピクトリアルデザイン : 島村達雄/アニメーション : 白組、坂間雅子/音響デザイン : 林昌平/ファッションコーディネーター : 吉田叡子 /衣裳デザイン : フォーリー・ハープ、ダニエル・エシュテル/衣裳協力 : (株)西武ピサ、(株)西武百貨店/製作担当 :広川恭/製作係 : 柳沼延之/輸送 : 堀良明/製作協力:PSC(大林恭子、長谷川安弘、中村明)/監督 : 大林宣彦
出演:オシャレ、オシャレの母=池上季実子、クンフー=神保美喜、ファンタ=大場久美子、ガリ =松原愛、マック=佐藤美恵子、メロディー=田 中エリ子、スウィート=宮子昌代/東郷圭介先生 =尾崎紀世彦、オシャレの父=笹沢左保、西瓜を 売る農夫=小林亜星、写真屋さん=石上三登志、 桂千穂、小島真二、薩谷和夫、大林宣彦、大林恭 子、原一平、金井哲夫、広瀬正一、大西康雅、内藤緑、津路清子、江馬涼子=鰐淵晴子、おばちゃま(オシャレの伯母)=南田洋子/友情出演 : 三浦友和、檀ふみ、ゴダイゴ/技斗 : 伊奈貫太
(※ノベライズ本『ハウス』/著 : 佐藤肇/三笠 書房・刊/1977年6月30日発行)

大林宣彦、全自作を語る』より

YouTubeムービー|購入またはレンタル

予告編 ほか

兼製作

レビュー: HOUSE ハウス

ネタバレ&あらすじ 大林宣彦監督の反戦映画『HOUSE ハウス』 - 映画感想(ネタバレもあったり)
HOUSEハウス(1977年製作の映画)製作国:日本/上映時間:88分先日、逝去なされた大林宣彦監督の長編デビュー作。恥ずかしながら僕は大林監督の映画をいっっっっぽんも観たことがなかったのです。そもそも世代ではないですし、、、近年のアヴァンギャルドでブレイクスルーな作品群の存在も知ってはいたもののかなりハードルが高くて...
映画
スポンサーリンク
OBsをフォローする
スポンサーリンク
大林宣彦アーカイブ – 非公式ファンサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました